キッズクリエイティブ研究所

研究所とは?

キッズクリエイティブ研究所とは
「かんじる・かんがえる・つくる・つたえる」がひろがる
こどものためのあそびとまなびの拠点をつくる
ワークショップシリーズです

アーティストや専門家との連携によって企画・開発された、子どもたちの創造力・表現力を育む
さまざまなテーマを体験できるプログラムを実施しています。

研究所の会場となるのは、大学などの教育機関や、オフィスなど街のなかの多様なスペース。
街中に子どもたちのあそびとまなびをひろげていきます。

参加者の声

2008年の「こども造形工房」にはじまり、20か所の研究所で、
計500回以上のワークショップを実施してきました!
これまでに参加頂いたキッズ研究員たちの数は
およそ10,000名にのぼります!(2015年4月時点)

これまでの様子はこちら

ワークショッププログラム

キッズクリエイティブ研究所では、下記のような思いのもとに、
アーティストや専門家との連携によって企画開発された、さまざまなテーマのワークショップを実施しています。

プログラムの紹介はこちら

開催場所について

キッズクリエイティブ研究所は、大学などの学術機関や、オフィス、街の中など、
さまざまなスペースが舞台となっています。

  • 東京大学
  • 慶應義塾大学
  • 明治大学
  • 早稲田大学
  • co-lab
  • SodaCCo
  • 株式会社ミクシィ
研究所一覧はこちら

スタッフについて

キッズクリエイティブ研究所のスタッフは、子どもたちが楽しみながら、
自身の可能性を広げ、それぞれの答えを導き出していくことを応援しています。

主催団体NPO法人
CANVASについて

NPO法人CANVASは、こどものための創造・表現の場を提供し、豊かな発想を養う土壌を整えることを目標として、様々な分野における関係者の熱意のもとに設立されました。以来、アーティスト、教育関係者、NPO、行政、自治体、ミュージアム関係者など、さまざまな方々と連携し、ワークショップの企画実施、セミナーの企画実施、調査研究等を進めています。

公式サイトはこちら