プロフィール

石戸奈々子 Nanako ishido

NPO法人CANVAS理事長/株式会社デジタルえほん代表取締役
慶應義塾大学准教授
博士(政策・メディア)

東京大学工学部卒業後、マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員研究員を経て、子ども向け創造・表現活動を推進する NPO「CANVAS」を設立。
これまでに開催したワークショップは 3000回、約50万人の子どもたちが参加。
実行委員長をつとめる子ども創作活動の博覧会「ワークショップコレクション」は、
2日間で10万人を動員する。
その後、株式会社デジタルえほんを立ち上げ、えほんアプリを制作中。
総務省情報通信審議会委員、デジタル教科書教材協議会理事などを兼務。
著書に「子どもの創造力スイッチ!遊びと学びのひみつ基地 CANVASの実践」、
「デジタル教育宣言 スマホで遊ぶ子ども、学ぶ子どもの未来」、「デジタル教科書革命」など。
デジタルえほん作家&一児の母としても奮闘中。

●公務など
Amazon知育・学習玩具大賞2017 審査員(2017.10)
日本STEM教育学会 設立準備会メンバー/幹事(2017.9‐)
モビリティ変革コンソーシアム ステアリングコミッティ 委員(2017.9‐)
株式会社UEI社外監査役(2017.8‐)
外務省 第2回「小中学生国連壁新聞」全国大会 審査員(2017.6‐)
未来の学びコンソーシアム 賛同人・運営協議会委員 (2017.5‐)
岐阜市教育創造会議 委員(2017.5-)
U-22プログラミング・コンテスト 審査委員 (2017.4-)
内閣府 知財創造教育推進コンソーシアム検討委員会 委員(2017.1‐)
・内閣官房 教育再生実行会議専門調査会 構成員(2016.11-)
京都府 伝統と文化のものづくり産業振興審議会 委員(2016.9-)
総務省 プログラミング教育事業推進会議 委員(2016.7-)
復興庁 「新しい東北」情報発信事業審査委員(2016.7-)
MESHプロジェクト「『いいね』をデザインするコンテスト」審査員(2016.7-)
アプリ甲子園2016 審査員(2016.7-)
・文部科学省 小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力の育成とプログラミング教育に関する有識者会議 委員(2016.4-)
経済産業省 産業構造審議会 新産業構造部会 委員(2015.9-)
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 街づくり・持続可能性委員会 委員 (2015.6-)
超人スポーツ協会 アカデミー(2015.6-)
グッドデザイン賞 審査委員・フォーカスイシューディレクター(2015.4-)
内閣官房 電子行政オープンデータ実務者会議・利活用推進WG 構成員(2015.2-)
デジタル教科書教材協議会 理事(2014.4-)
プラチナ大賞審査員(2014-)
CX系「とくダネ!」コメンテイター(2013.4-)
総務省 情報通信審議会委員(2013-)
総務省 情報通信審議会 情報通信技術分科会委員(2013-)
総務省 情報通信審議会 情報通信政策部会委員(2013-)
総務省 情報通信審議会 電気通信事業政策部会委員(2013-)
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構 理事(2008-)
デジタルサイネージコンソーシアム 理事(2008-)
総務省 地域情報化アドバイザー(2007-)
安心ネットづくり促進協議会 普及啓発広報委員会副委員長

Microsoft 「Imagine Cup 2016」審査員(2016.4)
総務省統計局 統計データ利活用アプリケーション・アイデアコンテスト「STAT DASH グランプリ2016」審査員(2016.3)
内閣官房 地方創生IT利活用推進会議 構成員(2015.2-6)
・総務省 地方発の放送コンテンツ発信力強化に向けた懇談会 委員(2014.12-2015.4)
総務省 地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会 委員(2014.10-2015.6)
・文部科学省 プログラミング学習に関する調査研究委員(2014.12-2015.5)
文部科学省 ICTを活用した教育の推進に関する懇談会 委員(2014.4-8)
株式会社AZホールディングス 取締役(2014.7-2016.6)
株式会社フィルムアート社 取締役(2014.4-2016.6)
creative space amu代表(2014.4-2016.6)
総務省 ICTドリームスクール懇談会 構成員(2014.6-2015.3)
総務省 情報通信審議会 2020-ICT基盤政策特別部会 基本政策委員会 (2014.3-10)
総務省 災害時等の情報伝達の共通基盤の在り方に関する研究会 構成員(2014.3-7)
総務省 スマートテレビ時代における字幕等の在り方に関する検討会 委員(2014.1-2014.6)
内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)全体俯瞰レビュアー(2014)
内閣官房「国・行政のあり方に関する懇談会」委員(2013.10-2014.10)
総務省 イノベーション創出委員会委員(2013.2-2014.6)
総務省 無線LANビジネス研究会委員(2012.3-7)
内閣府 国家戦略会議フロンティア分科会 幸福部会委員(2012.2-5)
内閣府 情報通信技術利活用のための規制・制度改革に関する専門調査会委員(2010.10-2011.3)
内閣官房 違法・有害情報対策官民実務家ラウンドテーブル 構成員(2008)

●著書
「図解プログラミング教育がよくわかる本」(監修)(講談社)
「子どもの創造力スイッチ!遊びと学びの秘密基地 CANVASの実践」(フィルムアート社)
「デジタル教育宣言 スマホで遊ぶ子ども、学ぶ子どもの未来」(KADOKAWA/中経出版)
「子どもたちは電子羊の夢を見るか?【1】0歳からはじまるデジタル教育」(ブックウォーカー)
「子どもたちは電子羊の夢を見るか?【2】デジタルとオンラインで変わる明日の教育」(ブックウォーカー)
「子どもたちは電子羊の夢を見るか?【3】よみかきプログラミング」(ブックウォーカー)
「じぶんの学びの見つけ方」(巻頭対談)(フィルムアート社)
「デジタル教科書革命」(共著)(ソフトバンククリエイティブ)
「デジタルサイネージ革命」(共著)(朝日新聞出版)
「日本を動かす次世代メディア デジタルサイネージ戦略 電子看板最前線」(共著)(アスキー・メディアワークス)
Educating in the Arts ”The Power of Creation and Expression in Digital-Age Children” (Chapter11担当)(Springer)

●推薦帯寄稿
「ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング」(翔泳社)
「小学生からはじめるわくわくプログラミング2」(日経BP社)
「遊べる! わかる! みんなのプログラミング入門 子どもたち集まれ!」(リックテレコム)
「子どものUXデザイン〜遊びと学びのデジタルエクスペリエンス〜」(BNN新社)
「スタディーノではじめるうきうきロボットプログラミング」(日経BP社)
「ラーニング・レボリューション――MIT発 世界を変える「100ドルPC」プロジェクト」(英治出版)
「Raspberry Piではじめるどきどきプログラミング」(日経BP社)

●主な受賞
2016年 文藝春秋 新・リーダーの条件「日本を元気にする逸材125人」
2013年 総務大臣賞 情報化促進貢献個人等表彰(CANVAS)
2013年 グッドデザイン賞・ベストプラクティス100(ワークショップコレクション)
2012年 グッドデザイン賞(tap*rapシリーズ)
2012年 キッズデザイン賞(tap*rapシリーズ)  
2011年 「アエラが選ぶ 日本を立て直す100人」に選出(AERA) 
2007年 キッズデザイン賞(CANVAS)  
2002年 日本機械学会畠山賞受賞(学科首席卒業)

●メディア掲載
下記のウェブサイトに一覧を掲載しています。
・CANVAS http://www.canvas.ws/jp/press/index.html
・デジタルえほん http://digitalehon.net/news/media.html

--------------------------

Nanako Ishido, Ph.D.

President, CANVAS
CEO, Digital Ehon
Associate professor, Keio University Graduate School Of Media Design

Nanako Ishido graduated from the Faculty of Engineering, the University of Tokyo and later conducted research as a visiting scholar at the MIT Media Lab. Soon after, Ishido established NPO CANVAS in 2002 that promotes the creative and expressive activities for children.
To date, CANVAS has delivered 3000 workshops to approximately 500,000 children and comprehensively researched the relations between children and media through practice.

The annual children’s creative workshop exhibition "Workshop Collection", which Ishido also serves as a committee chairperson, draws huge crowds, with 100,000 people visiting the event in just two days.

Ishido later founded Digital Ehon Inc. in 2011, a company that develops creative tools for children’s expressive activities. She concurrently serves as a member of Ministry of Internal Affairs and Communications, Information and Communications Council and is the director of Association of Digital Textbook & Teaching, and so on.
Her publications include “Children’s Creativity Switch! Children’s Fort to Play & Learn - CANVAS’s practice” (Film Art, Inc.) and “Digital Education Manifesto – The future of children playing & learning with smartphones” (KADOKAWA EPUB Anthology).

●Public Duties
・The Tokyo Organizing Committee of the Olympic and Paralympic Games ‘City development・Sustainability Committee’ Committee member (2015.6-)
・Supehuman Sports Society Director(2015.6-)
・2015 Good Design Award Jury (2015.4.30-)
・AZ Holdings, Inc. Board Director (2014.7-)
・Film Art, Inc. Board Director (2014.4-)
・creative space amu President (2014.4-)
・Association of Digital Textbook & Teaching Director (2014.4-)
・CXTV「Tokudane!」Commentator (2013.4-)
・Ministry of Economy, Trade and Industry ‘New Industrial Structure Committee of the Industrial Structure Council’ Committee member (2015.9-)
・Cabinet Secretariat ‘Council for the local economy revitalization, promoting the utilization of IT’ Constituent member (2015.2-6)
・Cabinet Secretariat ‘e-government open data strategist meeting・Promotion of the usage WG’ Constituent member (2015.2-)
・Ministry of Economy, Trade and Industry ‘Council to strengthen dissemination of rural broadcasting contents’ Committee member (2014.12-2015.4)
・Ministry of Economy, Trade and Industry ‘Seminar: Utilization of telework and Wifi etc to bring out local regions’ full potential’ Committee member (2014.10-2015.6)
・Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology in Japan ‘Research committee of programming education’ Committee member (2014.12-2015.5)
・Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology in Japan ‘Council to promote the utilization of ICT in education’ Committee member (2014.4-8)
・Ministry of Economy, Trade and Industry ‘ICT Dream School Council’, Constituent member (2014.6-2015.3)
・Ministry of Economy, Trade and Industry ‘Information and Communications Advisory Board, 2020-ICT Knowledge Infrastructure Policy Special Committee, Basic Policy Committee’ (2014.3-10)
・Ministry of Economy, Trade and Industry ‘Committee to research on the common framework of information propagation upon natural disaster’ Constituent member (2014.3-7)
・Ministry of Economy, Trade and Industry, ‘Review meeting to consider the modality of subtitles etc in the smartTV age’ Committee member (2014.1-2014.6)
・Cabinet Office, Government of Japan ‘Impulsing Paradigm Change through Disruptive Technologies Program (ImPACT)’ Overview reviewer (2014)
・Platinum Award N0.2, Jury (2014, 2015)
・Japan Internet Safety Promotion Association ‘Awareness Building & Public Relations Committee’ Vice Chairman
・Cabinet Secretariat ‘the Advisory Panel on the Modalities of Government and Administration’ Committee member (2013.10-2014.10)
・Ministry of Economy, Trade and Industry Information and Communications Council Member (ICT sectional committee, Information and Communications Policy Committee, Telecommunication business policy committee) (2013-)
・Ministry of Economy, Trade and Industry Innovation creation committee member (2013.2-2014.6)
・Ministry of Economy, Trade and Industry ‘Wireless LAN Business Seminar’ Committee member (2012.3-7)
・Cabinet Office, Government of Japan ‘Frontier Subcommittee of the National Strategy and Policy Council’ Koufuku committee member (2012.2-5)
・Cabinet Office, Government of Japan ‘Specialist Research Committee on regulations and institutional reforms to utilize information and communication technology’ Committee member (2010.10-2011.3)
・Cabinet Secretariat ‘Round table of public and private practitioners, countermeasures on illegality・harmful information’ Constituent member (2008-)
・Content Evaluation and Monitoring Association, Commissioner (2008-)
・Digital Signage Consortium, Commissioner (2008-)
・Ministry of Economy, Trade and Industry Public Local Information and Communication advisor (2007-)

●Publications
・Children’s Creativity Switch! Children’s Fort to Play & Learn – CANVAS’s practice (Film Art, Inc.)
・Digital Education Manifesto – The future of children playing & learning with smartphones (KADOKAWA EPUB Anthology)
・Do children dream of digital sheep? 【1】Digital education from 0 year old (Book Walker)
・Do children dream of digital sheep? 【2】Digital and online changing education for tomorrow (Book Walker)
・Do children dream of digital sheep? 【3】Read & Write with Programming (Book Walker)
・How to find your own learning style (interview article) (Film Art, Inc.)
・Digital Textbook Revolution (Collective writing) (SB Creative Corp.)
・Digital Signage Revolution (Collective writing) (Asahi Shimbun Publications Inc.)
・Next generation media moving Japan ~ Digital Signage Strategy, Front-line Digital Signage (Collective writing) (Ascii Media Works)
・Educating in the Arts ‘The Power of Creation and Expression in Digital-Age Children’ (Chapter11)(Springer)

●Main Awards
2013 Minister of Internal Affairs and Communications Award, Award or Individuals, etc. contributing to the Promotion of Computerization
2013 Good Design Award・Best Practice100 (Workshop Collection)
2012 Good Design Award (tap*rap series)
2012 Kids Design Award (tap*rap series)
2011 AERA’s selection of 100 people who will revive Japan (AERA)
2007 Kids Design Award (CANVAS)
2002 The Japan Society of Mechanical Engineers, Hatakeyama Award (Graduated top of the faculty)

●Media
The list is posted on the below websites.
・CANVAS http://www.canvas.ws/jp/press/index.html
・Digital Ehon http://digitalehon.net/news/media.html