キッズクリエイティブ研究所

研究所一覧

in ギャラクシティ

こどもたちはアーティスト。「こどもだけのミュージアム」に並べられたさまざまな素材や道具をつかって自由に創作します。
作品・作品になるまえのもの・流れる時間・生まれる動きがこのミュージアムのなかみです。 今日はどんなものに出会えるだろう?どんなことができるだろう・・・?いつ何度来ても、そんなわくわくする気持ちがうまれる遊びと学びの空間です。

お申し込みはこちら これまでの様子はこちら

開催概要

【会場】

ギャラクシティものづくりガレージ
(東京都足立区栗原1-3-1)

【日程】

2019年6月2日(日)、7月7日(日)
 ①10:00-12:00 ②13:00-15:00
*単発でのお申込みとなります。
*内容は同じものになります。(参加月によって用意してある材料が異なります)

【対象】

未就学児(4歳以上)~小学1~6年生
*実施日時点で対象年齢に達しているお子様を対象としています。

【定員】

各クラス20名

【参加費】

各クラス3,000円(税込)

【お申込み】

全クラス定員に達しましたのでキャンセル待ち登録受付中です。

 

あそび方



ものが素材になる。道具になる。素材が道具になる。道具が素材になる。
ものがもともともっていた意味や機能が、柔軟に形をかえていく。
つくり途中の自分の作品が違ってみえてくる。

あたらしい景色がひろがっていく。あたらしいアイディアがうまれていく。
身の回りのなんでもないものが、アイディアとひらめきと工夫で、わくわくする魅力と可能性を花開かせていく。

集中して、観察して、没頭しておもいっきり創作してみよう!誰にも指図されずに、自分の気持ちに聞いてみて、つくりながら考えて、 考えながらつくって・・・、どんな時間が流れるかな!?どんな風景が広がるかな!?

コンセプト

ぼーっとできる
おとなは戸惑うかもしれないその瞬間がものごとを俯瞰している高次の創造性を発揮している時間なのかもしれません。

失敗できる・試行錯誤できる
「自由」や「生みの苦しみ」を味わうことで得られる成長があります。

創ることで学ぶ
創ることは、動機と工夫をもたらします。

おとなのかかわりの最適解を考える
声をかける!? 手伝う!? 見守る!?こどものよりよいあり方に対しての、おとなのよりよいあり方を探求します。

空間がこどもを支援する
ものが発想をもたらしたり、空間が自由な創作を許容したり。総じて、「こどもだけのミュージアム」は、こどもの創作環境の最適解を考え、 ワークショップを空間としてとらえていくための取り組みとなります。

もの・素材・道具

毎回少しずつ、素材や道具が入れかわります。前回なかったものが、次回は展示されているかもしれません。
そんな変化もぜひお楽しみに。

    こどもだけのミュージアムにある素材の一部は、様々な方々のご厚意でご提供いただいております。
    ものづくりの為の素材たちがさらにこどもたちの手でいろいろなものに変化していきます。   

  • FabLabShibuya
    井上恵介さま


    ご提供素材
    レーザーカッターで
    切り出した部分
  • 革職人
    曽田耕さま


    ご提供素材
    靴やかばんの形に
    切り取った革
  • 株式会社オーエム
    大村賢二さま


    ご提供素材
    機械で切り取った
    アクリル

スペース

  

子どもたちの好奇心を大きくそだてる わくわく、どきどきのギャラクシティ。
日本最大級の室内ネット遊具、プラネタリウム、ボルダリング壁などもある足立区の施設です。
プラネタリウム以外のほとんどが無料で体験できるので、 ワークショップの前後にギャラクシティで思いっきり遊ぶのも楽しみのひとつになりそうです。
>>ギャラクシティ

講師・スタッフ

ご参加にあたって
ご留意事項

■参加費のお支払い方法
参加費(税込3,000円)は、当日の受付(会場ギャラクシティものづくりガレージ入り口)にて受領いたします。

■当日の集合
実施時間5分前までに、直接会場にお越しください。
*実施時間15分前に開場いたします。

■ご見学
「こどもだけのミュージアム」に入場できるのは、こどもたちとミュージアム学芸員の おとなだけとなります。 ご見学の方は、会場外にご見学スペースをご用意しておりますが、椅子の数やスペースに限りがございますので、あらかじ めご了承ください。 また、保護者の方の途中入退場も可能です。

■お子様の服装
活動中に絵の具等で衣服等が汚れてしまう場合がございます。差し支えのない衣服にてご参加いただくか、 着替え用として差し支えのない衣服をご持参いただきますようお願いいたします。

【主催】 NPO法人CANVAS   【協力】ギャラクシティ/深沢アート研究所